FC2ブログ
大好き♪子犬ちょーかわいい☆
犬はかわいいでも子犬はもっとかわいい☆
07 | 2008/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

サッカー大国
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


15日に当地で行われたサッカー女子の準々決勝で、日本は中国に2―0で完勝した。女子が初めて実施された1996年アトランタ大会から、日本は3度目の五輪出場で初の4強。18日の準決勝で米国に勝てば銀メダル以上、敗れても3位決定戦で銅のチャンスが残る。アテネの8強を超えたことで、当初の目標を達成。世界に近い「なでしこ」の実力を示した。
 女子ワールドカップでも日本は準決勝に進んだことはなく、世界大会で史上最高の成績となった。男子との単純比較はできないが、「サッカーの日本のメダル」となれば、68年メキシコ大会銅に並ぶ快挙となる。

 中2日で行われた1次リーグからの4試合を見ると、尻上がりに内容がよくなっている。同リーグ3試合はいずれも先制されたが、中国戦ではアウェーの逆境を味方にしたかのように攻め上がり、シュートで終わる形で相手を脅かした。
 開始15分のセットプレーですんなり先制できたのは、この流れと無関係ではない。後半、追加点の欲しい時間帯に、2トップの連係から得点。豊富な運動量でチャンスに絡み続けた永里優(日テレ)に待望の初ゴールが生まれ、「吹っ切れた。メダルを懸けた戦いで、さらにいい活躍を」と気分も乗ってきた。
 4強決定の瞬間、沢(日テレ)と池田(TASAKI)は抱き合って喜んだ。2人のチームリーダーは、1次リーグで敗れた米国との再戦を「勝てない相手ではない」と言った。世界ランク1位の相手を直接破ることが、メダルに直結する。3試合で得点した沢は「今度こそ米国に悔しい思いをさせたい」。若手をさらに引っ張る構えだ。


サッカーがんばてつね~ 
応援してます私も!
スポンサーサイト





プロフィール

そうなんですよっ

Author:そうなんですよっ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する