FC2ブログ
大好き♪子犬ちょーかわいい☆
犬はかわいいでも子犬はもっとかわいい☆
07 | 2007/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

食べる
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

食の“絶滅危惧(きぐ)種”を守れ-。日本各地に脈々と受け継がれてきた食材や郷土料理が、急速に進む過疎化や生産者の高齢化によって消えようとしている。これらを次世代に残していこうという動きが、国や企業、有志による組織で相次ぎ始まった。


 「味の箱舟(アルカ)」。こう名付けた絶滅危機食材の保護プロジェクトを進めているのは、約2000人の会員が参加する任意団体「スローフードジャパン」(仙台市青葉区)だ。イタリアを源流に世界的ブームとなったスローフード運動の理念に基づき、日本各地で活動している任意組織をとりまとめる機関として2004年に設立された。

 さまざまな地方で伝統的に食されてきた希少な農産物や食品などを受け継いでいくことが「味の箱舟」の狙い。イタリアにあるスローフード協会本部の世界基準ガイドラインにそって認定食品を選定。その地で50年以上作られている野菜や穀物、伝統漁業による魚介類、昔ながらの製法による加工食品などが候補となる。

 日本での認定食品は現在、20品目。「プレシディオ(イタリア語で砦)」いう認定ブランドとして、食品のPRや流通・販売支援などを行う予定。各地の認定食品を学ぶツアーも計画している。

 10月には、食文化講座である「マスター・オブ・フード(MOF)」の日本版を開講する。「食品の味覚、歴史、生産の背景など、食文化に精通した人材を育成する」(スローフードジャパン副会長の成田重行さん)。広く一般からも受講者を募る。

 イタリアスローフード協会では、「コーヒー」「ワイン」などの23コースを年間延べ1万6000人が受講している。日本版では、「みそ」「しょうゆ」など独自コースの開講も検討し、あわせて「味の箱舟」の認定食品を啓蒙(けいもう)していく考えだ。

 ≪“幻の枝豆”限定で≫

 有機野菜などのネット通販を行うオイシックス(東京都品川区)は、山形県最上郡の伝統野菜「神代豆(じんだいまめ)」を9月中旬から生で売り出す。現地の鮭川村の農家1軒だけが生産している“幻の枝豆”で、約1カ月間の限定販売となる。

日本も積極的に生産にとりくんでほしいです
わたし~ 枝豆豆♪
スポンサーサイト





プロフィール

そうなんですよっ

Author:そうなんですよっ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する